FC2ブログ

記事一覧

【東京新聞杯2019】予想・見解 鞍上高評価!勝ち負けの器

【東京新聞杯2019】予想・見解を行いたいと思う。今回は鞍上が「勝ち負けの器」と高評価していた穴馬を推奨しているのでご期待頂きたい。東京新聞杯の傾向を見ると、近走順調に使われて来た5~6歳馬の活躍が目立つ重賞だが、中でも前走京都金杯を使われている馬の激走が多く見られ、今年も注意が必要だ!  昨年は3番人気リスグラシューが牡馬を一蹴近年の傾向を見ると同じマイルの京都コースで行われる京都金杯組の好走が見ら...

続きを読む

【シルクロードステークス2019】予想と見解!とにかく逃げ・先行馬を狙え

【シルクロードステークス2019】予想と見解を書いて行く。       淀の芝1200mは小倉とよく似ている… 絶対的に先行有利と言うのが競馬界の常識     いくら先行激化したところで、1200mを一気に駆け抜けるスピードを持つ馬が集まるオープン戦では消耗戦になり辛く、毎年の様にこのレースでは前半3Fが33秒台と言う鬼のハイペースになるにも関わらず、逃げた馬がことごとく残ると言うかなり偏ったバ...

続きを読む

SAGA競馬の闇について独白する!

今日は闇が深いと言われていている地方競馬の中で佐賀競馬の闇に特価して書きたいと思う!       グリーンドリーム佐賀競馬     このキャッチフレーズで九州唯一の地方競馬場として、1979年から現在の佐賀県鳥栖市に移転してから今年で45年の歴史を持つ地方競馬場。     駐車場の広さは何と無駄に日本一の面積を誇り、持て余した地方自治体がドライブインシアターや、有田陶器市を開...

続きを読む

【アメリカンジョッキークラブカップ2019】予想・有力馬分析!LINE@運用開始

【アメリカンジョッキークラブカップ2019】予想と有力馬分析を行う。  1月の中山開催を締めくくるGⅡ重賞として親しまれているAJCCレースを創設された1960年当時の条件は新年を飾る競争として1月の中山開催初日のハンデ重賞(芝2000m)として開催。今で言うなら金杯の立ち位置だった。グレード制が導入された1984年から現行の2200mに変更された。中山芝2200mと言うトリッキーなコースレイアウトだけに、中山巧者が勝つケース...

続きを読む

東海ステークス2019予想・フェブラリーSの前哨戦を完全攻略!

東海ステークス2019予想、フェブラリーSの前哨戦を完全攻略していく!今年の東海Sで最も注目を集めるのは、未勝利から1600万まで5連勝中のインティだろう。すべての勝ち鞍が目を見張る強さで、特に前走はノーステッキで後続に5馬身差をつける圧勝。タイムも稍重で1分49秒4とにかく規格外の強さなんだ!ここでのレース内容によっては、大舞台での活躍も期待できると期待されている有力馬 インティの前に立ちはだかるのが、昨年のJB...

続きを読む

京成杯2018予想・最終見解!中心はキャリア3,4戦馬を狙い撃ち

京成杯2018の予想と最終見解を書く!3歳の重賞としては先週のシンザン記念よりもクラシックに近い重賞で、このレースからは過去にフェイムゲーム・エイシンフラッシュを排出した重要な位置づけの重賞になっている!     ご存知の通り中山芝2000mは皐月賞と同じコースなので、これからを占うと言う意味では絶好の舞台     今年も将来有望な馬達が登録し激戦模様!  ここは気持ちよく的中させて置き...

続きを読む

日経新春杯2019予想・ハンデ戦の買い方!今週の競馬で人生が変わる

日経新春杯2019予想とハンデ戦の買い方について書きたいと思う。上半期の京都開催最大のビッグレースとなっているのが、4月終わりに開催される天皇賞(春)そのため、ステップレースとなるべくレースが早くも1月から開催されている。その中の一つが今回日経新春杯だ!今年は明け4歳馬が猛威を振るうと言われている事もあって、昨年の菊花賞5着馬グローリーヴェイズに人気が集まりそうな気配…しかし、ムイトオブリガードをはじめと...

続きを読む

フェアリーステークス2019予想・3連休の中央開催で大波乱確定の極秘情報!

 今日は、フェアリーステークス2019の予想と、今週の3連休中に大波乱確定2鞍の極秘情報が入って来たので、その告知をしたいと思う!阪神ジュベナイルフィリーズが終了してから1ヶ月も経たないうちから、関東では牝馬クラシック出走に向けての争いが始まる…年明け早々の中山で開催されるフェアリーSはそんな3歳牝馬のためのレースである。  3連単1着固定流し◎→穴→〇で完全的中!フェアリーSの見解を各前に先週行われたシン...

続きを読む