FC2ブログ

記事一覧

菊花賞2018予想と有力馬最終追い切り診断

菊花賞2108のトラックマン情報と、有力馬最終追い切り診断について書きたいと思う。





菊花賞や天皇賞(春)の取材にではいつも以上に苦労する事が多い。


それは、各陣営の作戦の最重要項目である


展開!


もちろん過去の勝ちパターンや気性等である程度の展開は読めるのだが、どうしてロングディスタンスでは極端なスローペースに陥り易く、重要なのはやはり…


逃げ・先行馬の存在


菊花賞だけのデータを見ると、
過去に菊花賞を逃げ切った馬はセイウンスカイただ1頭


騎手心理として一番恐れているのはやはり
ハイペースでの共倒れとスタミナ切れ…


しかも最近は特に、騎手の逃げ馬に対する警戒心が薄くなっている様に思えてならない。



セイウンスカイ




今年の菊花賞も例年とは少し違う
ハイペースの可能性を秘めている!


ハイペースだからと言って後ろから届くかと言うとそうでもないが、前述した様に菊花賞での逃げ馬の連対率はかなり低いのが現実。


昨年は1000万条件を勝利して菊花賞へ出走して来た馬が4頭出走していたが、先行していた2頭が3,4着に好走している様に、格下と思われている馬でも先行馬に利があるのは確か!


当然だがスタミナのある先行馬には要注意だ!



最終追切診断

抜群の動きだったのが
グロンディオーズ
力強いフットワークで迫力満点。併せた馬を楽に引き離した内容は秀逸


次点では
ジェネラーレウーノ
軽く気合をつけるだけで、鋭く伸びた反応の良さはデキがいかにいいかを示している


注目の1番人気
エポカドーロ
肩ムチを入れて、最終追いまでしっかり負荷をかけ仕上がりは上々だが、何だか物足りない内容(主観だが)

秋初戦の神戸新聞杯はスタート直後につまずいたのが響いて4着だったのは参考外としても、持ち味はやはり先行力

エポカドーロが飛ぶ展開としては差し比べ
今回は前に行きたい馬が多く、例年より持久力勝負の流れになりそうで、位置取り次第では厳しいレースになる可能性も秘めている。



その点、ジェネラーレウーノはコース・展開とも有利。


怖いのは神戸新聞杯でゴール前鋭い伸びを見せたエタリオウ




今回は先行・逃げ馬から穴馬が出ると睨んでるのだが…
俺が推奨する軸馬は後方から追撃可能なあの馬!



TMひろの狙い馬はこれ



連勝で臨んだダービー惨敗は力負けではなく、勝ったワグネリアンに外を締められたものの、進路を切り替えてもう1度伸びる強い内容は負けてなお強しの好内容だった。


前走は大外一気で古馬を一蹴!
春より心身とも成長しており、淀の3000mでこそ強さを発揮すると自信を持って推奨する。


菊花賞の買い目はメルマガで配信!

 ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟
TMひろのメルマガ登録




やる気満々




先週の川崎競馬は高配当&高回収率のオンパレード!

川崎10R



川崎12R



ひろ川崎6R1



川崎3R



上記はあくまでも一例であって全ての的中馬券ではない!
しかも、ブログには書けない裏事情による激アツレースでの的中報告は割愛している。


【レザレクション】会員満足度は恐らく100%に近いと思う。
これからも好き勝手に極秘情報を書かせてもらうつもりだ!


会員の方はもうお分かりだとは思うが…
他の情報サイトとは一線を画す
「本物の情報とは何か?」が分かったはずだ。


このブログに関するお問い合わせは下記まで

TMひろへのメールはこちら
トラックマンひろ


競馬はもはやギャンブルではない!
全てを賭けて挑む投資になりつつある事を知らない人間が多い今がチャンス

どんなレースも一度っきりだと言う事を忘れてはいけない

(持論ではあるが)TMひろ







コメント

コメントの投稿

非公開コメント