FC2ブログ

記事一覧

メルボルンカップ2018予想と、船橋競馬の闇情報

11月6日、オーストラリア・メルボルンにあるフレミントン競馬場で、1861年に創設された歴史的なハンデ戦


メルボルンC
(国際G1、芝3200m)が行われる。



注目は、前哨戦のコーフィールドCを制した
ベストソリューション


現在G1レース3連勝と勢いに乗っている優駿だが、大手ブックメーカーの単勝オッズでは6番人気に甘んじている。


俺としては美味しいと思っているが…




昨年はアイルランド調教馬が1~3着までを独占し
オブライエン親子が管理する馬のワンツーだった。


今年もエイダン・オブライエン厩舎の3頭
(ユカタン、ザクリフスオブモハー、ロストロポヴィッチ)に注目が集まっている。



フレミントン



一昨年も馬券発売があったので覚えて得る方も多いかと思うが、このレースはフルゲートが24頭。


3連複、3連単は高配当
になる可能性が、かなり高い!



コーフィールド競馬場は
おにぎり型
と呼ばれる中山を縦に伸ばし、左回りにしたような形をしている。



messageImage_1541333128743.jpg



ただ直線が中山より50メートルほど長く、コーナーには傾斜(バンク)が設けられているため、見た目から受ける印象とは裏腹に、結構差しが決まるのが大きな特徴!



レース当日は、コックスプレート発走40分前にコース内で出場騎手紹介を行い、その後ミニコンサートが行われ、会場の雰囲気を盛り上げるなど様々な模様しも行われ、世界の要人からの注目度も急上昇。




ブックメーカーのオッズ(JBAより)
メルボルンカップオッズ




今年は日本から2頭が出走!
日本のチェスナットコート(牡4、矢作)は4番枠からスタート


コーフィールドC覇者でトップハンデ57・5キロを背負うベストソリューション(牡4)は6番枠に決まった


チェスナットコートは3日、ウェリビー競馬場芝コースで半マイルから馬なりでしまい重点の調教を行った。


助手は「前走後は上積みがあると感じているので、良い走りをしてくれることを期待しています」と話していたが果たして…



前哨戦のコンフィールドCは
強い勝ち方をすればメルボルンCのハンデが増える”と言われていたレースでもあり、結果は全く参考にしない方がいい。


逆に惜敗・惨敗した馬の逆襲が度々見られる事もあって、僅差2着のホームズマンはもちろん、1番人気で7着に敗れたヤングスター、2番人気6着のキングズウイルドリームの巻き返しにも注目だ。



今回俺が現地に入っているトラックマン仲間から
この馬の本気度は別格!
と言われている馬を中心に馬券を組んでみたいと思っている。


メルマガのTMひろ推奨馬



正直言って、最内や大外などの極端な枠を引かない限り、オーストラリアで馬が一変したユカタンの中心は動きそうもないが、推奨馬の陣営が、前哨戦でヤ〇ズだった事は明白!


本番のための前哨戦!
このことを体現してくれそうな予感しかない。



メルボルンカップの発走時間は、11月6日(火)
日本時間 13時00分



今回このレースの買い目を無料メルマガで大公開する!



メルボルンCの買い目を無料配信!
 ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟
TMひろのメルマガ登録




船橋スポット限定会員募集!
さて、今週は船橋開催だ。


先週からの川崎→浦和→大井開催の快進撃は記憶に新しいところだと思う。


今週3日間(火・水・木)の中で、ちょっとおかしなレースが2~4レース組まれているとの情報を入手した。


ここで的中率80%を下回った場合
年内の中央競馬情報配信を無料で提供する!



俺はこのレースを絶対に買えない
どうしても買えないんだ…


理由は色々あるが、今回の仕掛人との約束もあって、常に同行しないといけないと言う事もあって今回の募集に踏み切った!


前売りや、友人に頼んで…と言う方法もあるが、情報漏洩が一番困るし、何としてもバレる訳にはいかないのが大きい。


なので、今回は人数を限定して情報配信させて頂く事にした。


申し込みの締め切りは、一応火曜日15時とするが、先着15名になると募集を締め切らせていただく。


ハッキリ言ってエゲツない配当になると思うし、上位人気馬が総飛びになる場面を見れる可能性もある。


参加ご希望の方は下記アドレスまで
【船橋極秘情報レース参加希望】と明記の上メールしてくれ!


TMひろへのメールはこちら
トラックマンひろ


追って詳細をお伝えする。

ただし!参加される方には守秘義務が発生する事をお忘れなく!



何度も言うが…
馬が走る以上は確かに競馬に絶対はない!


しかし、競馬は
人間が関わる事により、結果が大きく変わる

と言う事を理解しないと馬券は取れない事も忘れてはいけない。


今回はその事を体現出来る絶好の情報になると思っている。









コメント

コメントの投稿

非公開コメント