FC2ブログ

記事一覧

【アメリカンジョッキークラブカップ2019】予想・有力馬分析!LINE@運用開始

【アメリカンジョッキークラブカップ2019】予想と有力馬分析を行う。

 





1月の中山開催を締めくくるGⅡ重賞

として親しまれているAJCC




レースを創設された1960年当時の条件は

新年を飾る競争として1月の中山開催初日のハンデ重賞(芝2000m)として開催。




今で言うなら金杯の立ち位置だった。

グレード制が導入された1984年から現行の2200mに変更された。




中山芝2200mと言うトリッキーなコースレイアウトだけに、中山巧者が勝つケースが多く、有馬記念の時期になると同年のAJCC勝ち馬が穴馬として注目される事が多々ある。





AJCC.png


実際に2007年の勝ち馬マツリダゴッホが同年の有馬記念を制して大穴を開けたのは記憶に新しい。




今年も好メンバーが揃い、勝ち馬が年末の有馬記念に出走して来た時は注目して見たいものだ(笑)



 

波乱含みの重賞競走!

過去10年を振り返って見ると…

1番人気が複勝圏内に絡んだレースは僅か2例

 



対照的に

2番人気は複勝圏内8回

なかなか堅実な成績を残しているのが特徴的

 

 


中山芝2200mと言う特殊な非根幹距離のコースでの重賞と言うのも波乱に拍車をかけてる模様…

 

 


昨年の勝ち馬も実は2番人気のタンビュライト

2着に1番人気のミッキースワローが順当の入線したものの、3着に8番人気マイネルミラノが入り、3連単246.2倍の高配当の結着になった。




今年もフィエールマンジェネラーレウーノが人気を分け合う形になりそうで、ある意味どちらが2番人気になるかによって軸を決めようとしている人も居るほどだ。




TMひろがLINE@を開始!

直前情報・当日情報の配信も容易になった!


  今週から!お得な裏情報も配信予定だ





菊花賞馬フィエールマンが始動!

デビューからわずか9カ月足らず、3カ月半の休み明けで4戦目の実戦という異例のローテで菊花賞を制した。




レベルの高い世代として、今年の重賞を席捲すと言われている、明け4歳世代を代表する強豪はここでも当然主役と言う事になる。




フィエールマンと双璧を成す馬が、もう1頭の4歳馬ジェネラーレウーノ!中山コースの成績は【3・0・1・0】と相性は抜群!




セントライト記念と京成杯を勝ち、皐月賞でも3着と実績はこのメンバーに入ってもヒケを取らない。




古馬からは、昨年の勝ち馬タンビュライト

前走のチャレンジCは出遅れた上に、前をカットされ4着と不完全燃焼。皐月賞3着を含む【1・0・3・0】と複勝率100%の中山なら軽視できない。






やはりここも4歳馬なのか?

近年稀にみるハイレベルの世代と言われるのも、今年に入っての4歳馬の活躍を見ると頷けるのだが…




俺は今回、この新しいセオリーに真っ向から立ち向かうべくこのレースに全てを注ぎ込む古豪の存在をキャッチした!




※AJCCの軸馬や南関メインの軸馬は下記
メルマガのTMひろ推奨馬




中山芝は【3・1・2・3】と大得意で、毎年この時期になると調子を上げて来る典型的な冬馬!ここで一発穴を開ける実力は十分だと思っている。





大好評の無料メルマガでは
AJCCの極秘情報を日々公開!

メインレースの穴情報を無料配信
 ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟ ☟
TMひろのメルマガ登録





別データとして挙げておきたいのが


前走有馬記念組

前走別成績では有馬記念組の活躍が目立つ。

16頭が出走し【4.2,1.9】


出走頭数は中山金杯組27頭に次ぐ2位ながら

勝率25.0%連対率37.5%を記録している!



他に複数回勝利しているのが金鯱賞組

7頭の出走で【2.0.2.3】

勝率は有馬記念組を上回る28.6%だ!




データで競馬が勝てれば楽勝なのだが、確率論から道び出されるデータは時として馬鹿には出来ず、これまでの経験則から言うところの、裏情報ありきのデータと言う答えにも繋がる!




俺が言うのも何だが、裏情報ばかり頼り過ぎても適格に馬券を獲る事は出来ない!




馬券を獲るためには、時として先人の知恵も借りる必要もあると覚えておいて欲しい。





あとがきレザレクション募集


昨年9月からこのブログを開始して、早いもので四半期が過ぎた!

有料配信でのトータル回収率は
12/31日の終了時点で839.4%を計上
これも一重に応援頂いた会員様のお陰だと言っても過言ではない。


2019年も好き勝手書かせてもらうつもりなので、大いに期待して欲しい!


激アツの有料情報
お申込みは下記をpush!

下記からのメールが届く設定にしてから申し込みをしてくれ。
tm.hiro.keiba@gmail.com


これからも他の情報サイトとは一線を画す
「本物の情報とは何か?」を包み隠さず配信していく。


逆転のチャンスは待ってても訪れないのは
自分が一番知ってるはず! 


このブログに関するお問い合わせは下記まで
TMひろへのメールはこちら


競馬はもはやギャンブルではない!

全てを賭けて挑む投資になりつつある事を知らない人間が多い今がチャンス どんなレースも一度っきりだと言う事を忘れてはいけない

(持論ではあるが)TMひろ

 


FC2無料カウンターFC2無料カウンターFC2無料カウンターFC2無料カウンターFC2無料カウンターFC2無料カウンターFC2無料カウンター




blogmura_pvcount






コメント

コメントの投稿

非公開コメント